2015年3月の記事一覧

JALマイラーの持つべきメインカードはやはりJALカードで決まり!

JALカードの還元率は100円=1マイル。毎年初回搭乗時に1000マイル、搭乗時に10%のボーナスマイルがつくなどの特典があります。
特に人気が高いのは夫婦や親子でマイルを合算できるJALカード家族プログラムです。
お父さんが10000マイル、お母さんが1000マイル、息子が4000マイルを持っていれば、 1万5000マイルの1人分の国内線航空券と交換できるというもの。
どうしても半端マイルが残りやすい無駄を省けるので好評です。

JALカードには7種類のカードがあります。
特に有利なのは「JALカード TOP&ClubQ」
PASMO、edy、WAON、モバイルsuicaなどの電子マネーにチャージするときにもマイルが貯まるからオトクです。(100円につき1マイル)

ANAマイラーならANAアメリカン・エキスプレス・カード!

日本の航空会社で初めてのアメックス提携カードが「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」です。
100円の利用で1ポイントが貯まり、1000ポイント単位でANAマイルに移行できます。
入会・継続時には1000マイル、搭乗時には10%のボーナスマイルが付きます。
ANAグループの利用時にはポイント1.5倍。
うれしいのはポイントの有効期限が無いこと!
何年かかけてじっくりとポイントを貯めて、一気にマイルに交換できるので、じっくり派にはとても精神的に楽ですね。

コンビニやコーヒーショップなど身近なお買い物でも3ポイント、4ポイントと貯まっていきます。携帯電話・電気料金・ガス料金などの公共料金の引き落としを設定しておけばどんどんと自動的にポイントは貯まっていきます。
うまく貯めれば1年で1万7000マイルの東京ーソウル無料航空券も比較的簡単に手が届きますよ!

トラベルサービスも充実しています。
国内19カ所+ハワイ+韓国の空港ラウンジを同伴者と2名でできる他、 海外のレストラン予約、医療機関の紹介なども24時間通話料も無料で受け付けてもらえます。
海外出張や旅行が多い人には最適でしょう。

モバイルsuicaへのチャージ時にもポイントがつくので、鉄道利用が多い方は積極的に使いましょう。
入会後3ヶ月間はポイント2倍の大盤振る舞いキャンペーン中!

新規に作ると2000マイル!

アメックスカードを持っていれば、空港ラウンジの無料利用ができます。

国内27空港、海外2空港の空港ラウンジを、カード会員のあなたと同伴1名までが無料で利用できます。

また、エアポート送迎サービスがあり、
旅行の出発、帰国時に、提携タクシー会社の車をカード会員専用でチャーターし、送迎を格安定額料金で提供されます。
(ただし、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港国際線利用のみです)
条件としてメンバーシップ・トラベル・サービスにて、日本発着の国際航空券または海外パッケージ・ツアーを購入した場合に限ります。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの発行・特典について

■カード発行に際して、アメリカン・エキスプレス所定の審査をパスしなければなりません。
■入会特典は新規に申し込みのうえ、入会した方が対象です。
家族カードのみの申し込みや再入会は特典の対象外となります。
また現在アメリカン・エキスプレスのカードをお持ちの方で切り替えとなる場合も、特典の対象外となります。

■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は27,300円
 (内消費税1,300円)家族カードは12,600円(内消費税600円)となります。
■アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの初年度年会費が無料となります。次年度以降の年会費は、入会より1年経過した後に毎年、ご利用代金明細書で請求されます。

なお、無料期間満了に際し、アメリカン・エキスプレスから継続についての事前確認はありませんので、カード継続を希望しない場合は連絡が必要です。

アメリカンエキスプレスカードの魅力を一言で言うと、
 
「最初はとっつきにくそうに見えますが、実際はすごく使える有能な秘書みたいという感じですね。使えば使うほど発見もあって、本当に重宝しています」
 
利用歴3年のメーカー広報勤務のSさん(30歳・女性)はこう言います。
 
 
「最初は洋服を買うなど、やや高額の買い物をした時しかカードを利用していませんでした。そのため、ポイントがどんどん貯まるという状況ではなかったのです。これじゃせっかくアメリカンエキスプレスカードを持っていてもうまく利用できていない!と思って、まず、1週間に2~3回は利用する近所のスーパーでアメックスを利用することにしました。
 
 
アメリカンエキスプレスカードのイメージから利用できないのではないか、と思いましたが、レジに出すとサインの必要もなくスムーズに処理してもらい、どこでも簡単に使えることを実感しました。さらに、コンビニやKIOSKで「モバイルSuica」を利用。その料金もアメックス支払いにしました。タクシーや友人との食事も率先して、アメックス払いを実行しました。そうやって使ってみると、アメックスって結構どこでも使えるのでびっくりしました。

最近、公共料金をアメクッス指定にするとボーナスポイントがもらえるキャンペーンを実施していることを知って、電気、ガス、固定電話、携帯電話など、アメックスに切り替えました。」


アメリカン・エキスプレスはハイレベルなお店でしか使えないイメージがありますが、
JCBと加盟店業務で提携してから国内の多くのショップで使えるようになっています。
 
なんとなく場違いな感じがするからか、カードを出すことなく現金で払う方も多いようです。
 
スーパーでだって使えるところはあります。
 
気軽にお店の人に聞いてみるといいですよ。

通常のゴールドカードのデスクでは公共料金のカード引き落とし、家族カードの申し込み方、限度額の引き上げについてなど、クレジットカードについての全般的な相談をします。
 
 
トラベルデスクでは、「1週間アメリカに行きたいのでプランを立ててほしい」
「急な出張が入ったので今から予約できるホテルを探してほしい」
「スペインにサッカー観戦に行きたいのでチケットを手配して」
などの依頼ができます。
海外で困ったときの相談もうれしいサービス。
 
ゴルフ場予約ダイヤル、医療相談ダイヤル、チケット手配ダイヤルなどに分かれている場合もあります。
 

コンシェルジュデスク


プラチナカードクラスになるとコンシェルジュデスクのサービスがあり、24時間年中無休で相談できます。
内容もカードを使う前提のことならなんでもきいてもらえます。
● 近くのオススメのレストランを教えてほしい
● この予算で買えるパソコンを調べてほしい
● 宿泊先の電話番号を調べてほしい
 
よくあるうれしい特典は
 
予約したホテルの部屋が無償でグレードアップされることがあること。
 
思いがけず優越感にひたれる瞬間ですね!

このページの上部へ